NEWS

「宮沢りえ × 現代美術家INA JANG」ファインアートな2015年秋冬イメージビジュアル

2015.08.21

ワールドトレンドを重視するファストファッションでありながら、ハイセンスかつハイクオリティであること、クリエイティブに徹底したこだわりを持つことをブランドミッションに掲げるセンスオブプレイスと、日本を代表する俳優として、圧倒的な演技力とその芸術性で、数々の賞を受賞してきた宮沢りえさん。クリエイティビティに対する高い意識で結びついた両者のタッグは、2015年春夏のイメージビジュアルからスタートしました。

今回、新たに登場する2015年 秋冬のイメージビジュアルでは、ロングシルエットのワンピースや、オーバーサイズのガウンコート、あたたかみのあるベージュカラーやデニム等、今年の秋冬のテーマである「70’s folklore(フォークロアテイストを取り入れた、ノスタルジックで素朴な70年代スタイル)」を代表する商品を使用しました。
フォトグラファーには、ニューヨークを拠点に活躍する女性の現代美術家INA JANG(イナ・ジャン)を招聘。アパレル企業の広告ビジュアルを、商業写真家ではなく、生粋の現代美術家が手掛けるケースは珍しく、故に商業性と芸術性が融合した、これぞ現代のファッション広告と自負するイメージビジュアルが完成しました。
韓国や中国でアーティストを目指す若者たちの目標でもあるINA JANGが、日本を代表する俳優宮沢りえさんとのセッションでどのような作品を生みだしたのか、是非ともご注目ください。

2015年 秋冬 イメージビジュアル

0821_10821_2
 
0821_30821_4

コンセプト

テーマは”anonymous”=匿名。現代女性の憧れである宮沢りえさんに内在する「女としての尊厳」や「存在するだけで人の心を動かす力」といったエネルギーのビジュアル化に挑戦しました。
宮沢りえさん、INA JANGに加えて、クリエイティブディレクターも女性という制作体制は
その象徴とも言えます。

INA JANGプロフィール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1982年、韓国生まれ。現在はニューヨークを拠点に活動。
そのファッションと現代美術を融合させた作品は、世界各国のギャラリーや
美術館で展示されてきた。2010年、ニューヨーク・スクール・オブ・ビジュアル
アーツを卒業。イエール国際モード&写真フェスティバルのファイナリストであり、
若手作家の登竜門「FOAM Talent」にも選出されてきた華々しい経歴をもつ。

宮沢りえさん着用アイテム

00010203

ONEPIECE ¥8,900+tax(9/7 発売) ※限定店舗のみの販売
SALOPETTE ¥8,900+tax(発売中)
COAT ¥12,900+tax(10/5 発売)
HAT ¥4,900+tax(9/28 発売)

OTHER