NEWS

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCHより新たなプロジェクト 「SAVE OUR PLANET」を発足いたします

2019.10.09

株式会社 アーバンリサーチが運営するグローバルブランドSENSE OF PLACE by URBAN RESEARCHより未来へつなぐ持続可能な世界を実現するための開発目標 (SDGs)として、2019年10月より新たなプロジェクトを発足いたします。その名もSAVE OUR PLANET。

センスオブプレイスにて展開している花業態であるBLOMSTER SENSE OF PLACEでは廃棄される生花をドライフラワーとしてアレンジし、長年の課題でもあった生花の廃棄を減らし、新たな花の魅力を伝えています。

そのほかに、早くからポリエステルのショッピングバッグをFSC認証の紙バッグへと転換し、SDGsにつながる施策を継続して実施していますが、今回新たに地球環境や人、動物に優しいものづくりを目指すプロジェクトがスタートいたします。

第一弾2019AWから、ミュールジングフリーで採取されるニュージーランドウールを使用したアイテムや、リサイクルウールを活用したアイテムをリリースいたします。対象商品にはSAVE OUR PLANETを証明するタグが全ての商品に付属いたします。

さらに従来取り組んできているオーガニック製品の拡大に加えて、春には非営利団体であり、世界でも厳密な規制を設けているCOTTON USAが管轄するコットン素材の導入にも着手していきます。

将来的には、未来をつなぐ持続可能な社会を構築すべく全ての商品がSAVE OUR PLANETプロジェクトからリリースすることを目指します。

SAVE OUR PLANET 対象商品一例

オーガニックコットン使用
品名:オーガニックコットンスウェットシャツ
価格:¥4,290 (税込)

リサイクルウール使用
品名:リバーシブルノーカラーコート
価格:¥14,190 (税込)

ミュールジングフリーウール使用
品名:Newzealandwool CPOジャケット
価格:¥8,690 (税込)

「COTTON USA」とは
水と化学薬品の消費を減らしながら高品質と高収量を目指し、コンピュータによるハイテク測定システムを導入したのが精密農業。その導入率が世界一なのがアメリカであり、持続可能な農法を追求し綿花を栽培しています。アメリカの農家は世界で最も膨大で厳密で強制力のある規制のもと、農業を営んでいるとされています。

「リサイクルウール」とは
ウール素材の製造工程にて落ちたり余った糸を再回収し、資源を余すことなく再利用するように作られたウール生地です。

「ミュールジング」とは
子羊の臀部や陰部のシワに汚れがたまりやすく、虫が湧きやすいため、それを阻止するために無麻酔で皮膚や肉の一部を切り取る行為のことで、ミュールジングフリーとはこれをせずに飼育し、羊毛を採取している生体に優しい手法です。ニュージーランドでは国を挙げて「ミュールジングウールの禁止」を掲げています。

SAVE OUR PLANET 下げ札各種

OTHER